foto moto

take 2 steps forward to the best shot

ボルゾイ

突然のカミングアウト! 実は6月に東京都民を卒業しました。 社会人になってすぐに2年ほど愛知県民になって以来だから 東京を離れるのはほぼ四半世紀ぶり。 おそらく、もう戻ることはないでしょう。 あ、日本国民は卒業していないですよ。 海外移住も考え…

○○熱

ブログ熱が冷めちゃったわけじゃないんですよ。 書きたい、続けたいって気持ちは 以前より強いくらいで。←なら書けよ 写真もぜんぜん撮れない日々が続いていて それでも撮りたーい!っていう気持ちは 微熱じゃなくて高熱にうなされるほど。 実は、バイクを手…

年に一度の

この歳になると誰もプレゼントなんてくれなくて 自分にご褒美というなんとも寂しい日になる。 カメラおやじにレンズっていうのも芸がないから 5年ほど愛用してきたヘッドホンを新調することに。 使っていたのはソニーのBT−101っていうコードレスタイプで 割…

桜と人々

中国人も韓国人も スペイン人もベトナム人も アメリカ人もカナダ人も ジャマイカ人もみんな桜が好きみたい。 そんな人々を背に黙々と窓を拭くおにーさんは 「桜なんて嫌いだーっ」なんて思っていたりして。 ご苦労さま。 [OLYMPUS OM-1 + G.Zuiko 28mm F3.5…

桜の国へ

去年カリブで仲良くなったカナダの女性が、いま日本に来ている。 来日に桜満開がぴったり合うって、持っているなー。 上野、増上寺、千鳥ヶ淵と「桜の国」を満喫しているご様子。 せっかく来てくれた外国人たちに 桜の美しさだけじゃなくて、花見のマナーに…

何もいらない

澄みきったターコイズブルーの海。 雲の白が映える文字通りのスカイブルー。 肌を焦がす常夏の太陽。 この3つがあれば、ほかに何もいらない。 いやいや。 キーンと冷えたビールは欲しいし できればビキニの美女も・・・ 今年最初のバカンスは 去年も行った…

階段キツイ

いつの写真だよってツッコミは無視して 最近ちっとも撮れていないのは 座骨神経痛がツラくて なかなか出歩けないから。 コルセットに鎮痛消炎剤ってのが まぁ定番コースなんだけど ガチガチに固めるコルセットは メタボな腹にキツすぎるので 柔らかめで前側…

ロメオとジュリア

去年カリブ海で仲良くなった イタリア娘がジュリアって名前で まだ学生さんなんだけどイイ娘だった。 F1をサポートするアルバイトをしていて 日本GPの派遣メンバーに選ばれて喜んでいたな。 東京に来る時間はなかったみたいで 再会できず残念。 イタリアのジ…

あっという間に

前回の更新から、あっという間に3か月。 2015年も、あっという間にあと2日。 何かをしていても、していなくても、 月日はあっという間に過ぎ去ってしまう。 南国から帰ってきてから まぁいろいろとありまして。 ブログとしては尻すぼみな2015でし…

ぽるぽる

「彼氏がポルポルで迎えにきてくれるからぁ〜」 ギロッポンあたりのシャレオッな店で ワンレンボディコンのおネーさんたちが 扇子代わりに札束でパタパタあおぎながら アホ丸出しの会話をしていたっけ。 バブル世代にしか通じないかな。 まぁそんな時代があ…

帽子と着物とスニーカーとレジ袋

着物にはやっぱり下駄か雪駄でしょ! ……と考えちゃうのは 修行がたりないのかな。 それって特別なモノという前提の発想で 普段着感覚が身に付いていれば ご近所散歩やちょっとコンビニへってときは 履き慣れたスニーカーこそが ベストな選択なのかも。 粋だ…

沢田マンション

アンティーク・カフェなんて 今どきはひとつのジャンルとして 特に珍しくはないんだけど、 武蔵小山にあるココは なんともカオスな雰囲気。 店が、というより建物全体が、 高知の沢田マンションを思わせる。 「道行く人々」がテーマの写真ブログなので コレ…

道行く人々

街でカメラを構えていると 「何を撮っているんですか?」 って聞かれることがある。 「写真です」なんてボケると イヤな顔をされるかキョトンとされるので 最近は「道行く人々ですよ」と なんとなく格好よさそうな返事を用意した。 実際、このブログのテーマ…

バス

愛嬌たっぷりのスタイルで 移動店舗としてもよく見かける フォルクスワーゲン・バス。 無茶苦茶なハンドペイントをしても 似合っちゃうところもスゴい。 以前、どノーマルに乗せてもらったら バタバタうるさいし遅いし 見てる方がいいクルマだなぁと思った。…

アートでアート

近所の散歩を始めて1年ほど。 えっ、こんなところに? という発見もある。 現代彫刻美術館(Google マップ)もそのひとつで 目黒駅と祐天寺駅の真ん中辺りの 住宅街の路地を歩いていて見つけた。 実をいうと写真や絵画に比べて 立体作品はどちらかといえば…

バッグ

最近、着なくなったTシャツをカットして トートバッグとして再利用している。 作り方は簡単、ハサミで 襟と袖回りをタンクトップのように、 裾をイカの足のようにカットして その足をカタ結びにしていくだけ。 ひっくり返せば普通のトートバッグ、 そのまま…

日時計

明るくなってきたら起きる。 日が昇ったら朝食。 日が真上に行ったら昼食。 日が沈んだら夕食。 真っ暗になったら寝る。 秒や分刻みの時計なんていらない、 そんな暮らしがしたい… と、南国から帰るたびにつくづく思う。 太陽が出ていなかったら? 腹時計が…

ターコイズブルーの中へ

すっかりご無沙汰している間、 何をしていたかっていうと タークス&カイコス諸島という それどこ? な南国に行っていた。 とにかく海がキレイで わざとらしいくらいのターコイズブルー。 そこにいるだけで気分は爽快MAX! ここはカリブ海にあるイギリス領の…

木造

木造の何がイイって、匂いかな。 香りじゃなくてあえて匂い。 晴れた日と雨の日で変わる匂い。 言葉は悪いけど、雨が降ると カビ臭いというか雑巾臭いというか 独特の匂いが漂う。 あれがイイんだよね。←ちょっと変態 昔は電車もバスも床は板張りだった。 雨…

ピーナッツ

個人的には全然似ていないと思うけど 形が似ているからピーナツタンク。 バイクのガソリンタンクは 大きい方がイイに決まっている。 なのにこの大きさ。 2ガロン(約8リットル)しか入らない。 そもそもこの手のチビタンクを ハーレーが最初に採用したのは…

籐の椅子

籐の椅子と聞いて エマニエル夫人思い出してしまう そこのおじさん、お仲間〜♪ いやいやアレは名作ですよ。 椅子に限らず籐家具って インテリア全体で考えないと お洒落どころか貧乏臭く見えるから センスが問われるんだよね。 だいぶ前に10年くらい使って …

待ち人きたらず

別に待ち合わせをしていたわけじゃない。 この看板の横をオサレなゴージャスヘアーの 外人オネーサンが通らないかなぁって。 OLっぽいオネーサン、ごめんなさい。 よく、いい写真を撮るポイントのひとつに 「待つ」とか「忍耐」などと言われる。 わかるん…

気になるビール

散歩中に前を通るたびに めちゃ誘惑してくるこの看板が 気になって気になって。 政治も宗教も関係ないと思うんだけど イスラエルの、ではなく あえてパレスチナのビール。 聖なる水でつくられたという味を試したいけど ダイエットの目標達成までおあずけ。 …

ただのグアム旅行

▲2日目の朝、目覚めるとでっかい虹! すぐ近くの海面から隣りのホテルにかかっているような感じ。見えにくいけど二重になっていた。 海外旅行○組△名様プレゼント! なんて派手なキャンペーンに どんなヤツが当たるんだろうと ずっと思ってきたんだけど こん…

ハナショウブ

アヤメじゃない? いやカキツバタでしょ。 いえいえ、間違いなくハナショウブ。 ショウブにハナショウブにアヤメにカキツバタ。 そもそも、ややこしいよね。 菖蒲と書いてショウブともアヤメとも読む。 イチョウとギンナンみたいなものか。←違うだろ ハナシ…

ガクアジサイ

東京も梅雨入りしたそうな。 ジメジメとした気分を晴らすには 食べまくるか飲みまくるか 買い物しまくるか南国に行くしかない。 とりあえず食べまくるのはNGだし 酒は好きだけどそれほど強くないし そうなると買い物かー。 デジカメは換えたばかりで しか…

研ぎ屋

坂上二郎さんを思い起こしてしまった。 子どものころは研ぎ屋さんが 砥石とバケツをかついで 近所をうろうろ回っていたっけ。 包丁もハサミも父親が研いでいたので 用はなかったんだけど 人の家の前とかで研いでいる 職人の姿はなんだかカッコ良かった。 だ…

新緑の中へ

前回出掛けたのはいつだったのか 忘れてしまうほど久々のツーリング。 恒例新春あんこう鍋ツーリング - foto moto ↑ たぶんコレが前回…って1年半も前か。 で、今回は群馬方面へ。 横川のおぎのやで峠の釜飯を買う ↓ めがね橋 ↓ 白糸の滝 ↓ 鬼押ハイウェイ ↓…

夏代々

夏ミカンの呼び名は明治以降で その昔は「なつだいだい」だったとか。 橙じゃなくて代々って書くんだって。 へ〜〜〜。 子どもの頃は、近所で冬の間に色づく でっかいあの果実が夏ミカンとは思わなかった。 冬なんだから冬ミカン…いや 冬にミカンは当たり前…

仕返し

わが家のルーフバルコニーで カラスがうるさかったので追い払ったら 数時間後に仲間を引き連れて 大量のフンをまき散らしていきやがった。 顔が見分けられるほどカラス通じゃないけど そもそも見分けられる人がいるのか疑問だけど あれは絶対ヤツに違いない…