foto moto

take 2 steps forward to the best shot

旧iMacのHDD取り外し

f:id:kenny1991:20130406101453j:plain

昨年末にiMac(early2008)が突然壊れた。

何をやってもグレー画面から進まず、サポートとあーだこーだとやりとりした結果、マザーボード+αがNGだろうとの結論。修理に4〜5万かかるので、New iMacを購入することになった。

さて、壊れたヤツはどうしよう…。パソコン無料回収業者が「引き取ってデータも完全削除しますよ〜」というが、銀行やらクレジットカードやらありとあらゆるプライバシーが詰まっているし、どーも信用できん。

Mac歴は長いので、分解しようと思ったものの、このiMacちゃんたら、ネジがないのよ。本体下のメモリースロットにプラスネジが1本あるだけ。分解できんやん…と放置すること数ヶ月。

さすがにインテリアにしておくのも飽きたので、ちょいとググってみたところ…

なんとフロントパネルは磁石で固定しているだけ!

いやぁ、Appleさん、やってくれるわ。ネジが見えないあの美しいデザインは、まさかの磁石どめで実現してたとは。

で、フロントパネルは吸盤などで簡単に外せるらしい。どこの家でも1つはあるであろう吸盤…ってわが家には1つもないやん!

100円ショップに走ればいいのだろうけど、めんどくさい。ようは引っ張ればイイのだから、掃除機で吸引すれば外せるんじゃね?と作戦変更。

ホースをパネルに当ててスイッチオン…おお、あっさりと外れたよ。

ネジが見えればこちらのもの。トルクスドライバー(星形のヤツ)が要るけど、中身は今までのMacと大差ないのでちょちょいのちょいでHDDの取り外しに成功!

これで安心して回収業者に出せる…けど今日現在、まだインテリアとしてリビングに鎮座中。

しかし今度のNew iMac、基本デザインは踏襲しているものの、さらに進化して文字通りネジが1本も見えない。パネルも磁石どめではなく接着剤で完全固定されているらしい。HDD換装どころかメモリ増設も実質不可能。いくらなんでもやりすぎじゃない? Appleさん。

 [OLYMPUS OM-D E-M5+Panasonic LUMIX G 20mm F1.7]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
↑クリックしてね

広告を非表示にする