foto moto

take 2 steps forward to the best shot

Abarth 695 Tributo Ferrari

f:id:kenny1991:20130703123830j:plain

まぁるいお目々のFIAT500。そう、カリオストロの城でルパァ〜ンが乗っていたヤツが進化した現代版。

クラリス姫のようにかわいい顔をしているが、実はとんでもモンスターなのである。

フロントのサソリマークを見て「あぁ、アバルトね」と分かった人は「普通の通」、グレーの2本ラインで「おっ、430スクーデリアと一緒やん」とビビッときた人は「かなりの通」か実際にスクーデリアに乗っちゃってるブルジョアさん。そうなんです、アバルトフェラーリなFIAT500なんですよ、こいつが。

ちなみにこの赤「ロッソ・コルサ」は、F1カーと同じ塗装だそうで、写真では表現できないほど実車は美しい。

エンジンは、アバルトチューンの1.4リッター直列4気筒ターボ・エンジンをベースに、135馬力から180馬力へとパワーアップ。0-100km/h加速が7秒以下、最高速度225km/h以上を誇る。もちろん、ブレンボ4ポッドのFブレーキやら専用ギアボックスやらなんちゃらマフラーやら、ありとあらゆるところにチューンの手が入っている。内装も本革とカーボンを多用した「その気」仕様で、エンジンの始動方法はフェラーリと同じだとか。フェラーリなんて乗ったことないから分からんけど。

んで、ふつーのFIAT500は200万円くらいから買えるのに、この子ったらもう、569万5000円ですわよ、奥さん。ウチのドイツ製アメ車よりもお高いザマス。

日本に入ってきたのはわずか150台(確か数日で完売)、もしも街で出逢ったら二礼二拍手一礼がお作法。

なんで695かっていうかは試験に出ないから割愛。そうそう、Tributoをトリビュートって読んじゃダメよ、トリブートだからね。イタリアだから。

↓エギゾーストノートはこんな感じ。


Abarth 695 Tributo Ferrari start-up standard exhaust ...

OLYMPUS OM-D E-M5+Panasonic LUMIX G 20mm F1.7]

foto mono ←モノクロ別館やってます

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
↑ポチッてくれると喜びます

広告を非表示にする