foto moto

take 2 steps forward to the best shot

Surf & Snow

f:id:kenny1991:20130717122327j:plain

トンネルを抜けると南国だった   そう、ここは絵に描いたようなリゾート、逗子マリーナ。

ルートは、材木座方面からと小坪方面からの2通りあるけど、おすすめは絶対に前者。なんにおすすめかって、聞くまでもないでしょ。デートですよ、デート。トンネルを抜けると目の前に現れる、背の高いパームツリーの街路樹と白亜のリゾートマンション、開放的なシーサイドプール、豪華なクルーザーやヨットが停泊する桟橋…。

昼間でも薄暗いトンネルの中で「この上には火葬場とお墓があって…」なんて話で盛り下げておいて、パッと視界が開けた途端にここはモナコかニースかと見紛うばかりの景色で盛り上がる。いわゆるギャップですな。これで乙女たちはもれなくウットリ、目はハート。

間違っても、一人でバイクで来てはいけません。(T_T)

 

f:id:kenny1991:20130717122326j:plain

逗子マリーナ→ユーミン→サーフ&スノー→苗場プリンス→ユーミン・・・

これはアラフィフ(関東圏限定)にとって鉄壁の無限ループで、広瀬香美がさらに2オクターブ以上の高音で歌ったとしても絶対にくずせない。プールサイドやゲレンデで繰り広げられるファンタジックなコンサートに誘って断る女子はいなかった(らしい)し、その後のムフフな時間も約束されたようなものだった(らしい)。もちろん、この桟橋から豪華クルーザーで湘南の海へと舵を切れるような男なら、そんなコンサートチケットもいらない。しかし、ウィンドサーフィンの艇庫代15,000円をケチるような男にチャンスはあるのか?

f:id:kenny1991:20130717122325j:plain

そこで、マリーナの海沿いに建つイタリアンレストラン「グラン・ブルー」。当時はたしか、セゾンっていう西武グループ丸出しネーミングのシーフードレストランだった。ギリシャ建築を思わせる瀟洒な佇まいに、豪華客船のアプローチをイメージしたというエントランスにRomanticが止まらない。ここは今も昔も、海側が一面ガラス張りになっていて、相模湾から遠くは富士山まで一望できる。ランチもいいけどモテ男くんを気取るならディナーを狙い撃ち。日没の時間を計算して予約しておけば、湘南の海を真っ赤に染めながら沈む夕日に、乙女たちはもれなくウットリ(またかい)、2人の心も真っ赤に燃え上がる……

f:id:kenny1991:20130717122328j:plain

※この物語は昭和の実話に基づき妄想を加えたフィクションです。

※デートの成功を約束するものではありません。

OLYMPUS OM-D E-M5+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3]

foto mono ←モノクロ別館やってます

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
↑ポチッてくれると喜びます

広告を非表示にする