foto moto

something cool with my original photographs




ヒマラヤ桜〜戸越公園

 

f:id:kenny1991:20141220022844j:plain

 

戸越公園のご立派な門の脇にあるこのヒマラヤ桜は、11月下旬〜12月上旬くらいに満開になる。去年アップした十月桜とは別の種類かな。

 

 

公園から出てきたおっちゃんが、「これね、ネパールから来たんだよ」って教えてくれた。品川区の公式サイトによれば、10年くらい前に区民から寄贈されたようだけど、本当にネパールから持ってきたの? たんにネパールあたりが原産ってだけじゃないの、おっちゃん。

そういえば、ヒマラヤ、ヒマラヤ…と10回言わせて次にヒラヤマ、ヒラヤマ…と10回言わせて「世界で一番高い山は?」って聞く引っ掛けクイズが昔あったような。ピザ、ピザ…って言わせて肘を指差して聞くアレと同じ。

 

f:id:kenny1991:20141220022843j:plain

 

ちなみにこのおっちゃん、機嫌よさそうに唄いながら帰っていった。

おヒマラ〜ヤ〜来てよね♪ ワタシ寂しいのぉ〜♪

おやじ道、極めたり。

 

OLYMPUS OM-1 + TAMRON 28-70mm F3.5-4.5 + GOLD200]

foto mono
↑モノクロ別館やってます

スノーマン

 

f:id:kenny1991:20141214024059j:plain

 

さ、寒い。寒すぎる。

台風よりすごい等圧線。北国の人、大丈夫? 気をつけてね〜。

こんなときは、スノーマンよりほっかほかの肉マンだな。

寒いのイヤだぁ〜。

 

そうだ、南国いこう。

 

そうだ、防水コンデジどれにしよう。

 

だってさー、ウチの防水コンデジったら絆創膏貼らないと使えないんだもん。

  ↓ ↓ ↓

 

調べたら、各社からいろいろ出ているね。スペックはだいたい1600万画素の1/2.3型センサーに5倍ズームで10m防水、フルHD動画対応って感じでドングリ状態。値段も似たようなもの(ちゅうかずいぶん安くなったなぁ)。まぁどれを選んでも、5年前のウチの防水コンデジよりは進化しているんだろうなー、と思いながらとりあえず3機種に絞ってみた。

 

 

第1候補はオリンパスで、価格コム最安値21,798円。 

◎ 広角21mmから ←屈折で画角が狭くなる水中には嬉しいネ

○ チルト液晶(46万ドット)←自撮りもできてなんだかんだ便利

△ 普段使っているOM-Dと同じオリンパスだから操作しやすい(はず)

× F値3.5〜 ←ちと暗いなぁ

 

 

次がニコンで、最安値22,178円。

F値2.8〜 ←文句なしの明るさ

○ 広角24mm〜 ←まぁまぁ

△ 92万ドット液晶(チルトなし)

△ 地図内蔵のGPS ←使わないだろうけど

× 特になし

 

 

最後はソニーで最安値23,732円。

◎ 軽量スリム&コンパクト ←邪魔にならないっていうのは旅にバッチリ。

カールツァイスレンズ ←ブランドに弱いw

○ 122.9万ドット3.3インチ有機EL液晶(チルトなし)←きっとキレイ(見たことない)。

F値3.5〜 ←裏面照射型CMOSだからオリンパスよりは暗所に強いはずなので△

× 広角26mm〜 ←今のヤツは28mm〜だからそれよりはましなんだけど。

× 持ちにくい操作しにくい ←スリム化の代償だね。デザイン的にもイマイチかなぁ…

 

 

値段は同じようなものだし、そもそも豆粒センサーだから画質は期待できないから、「広角&チルト液晶」で選ぶか「明るいレンズ」で選ぶか「スリム」で選ぶか。

◎が揃ったモデルがあれば悩まないのになぁ。。。( ´◔ ‸◔`) ウーム

 

OLYMPUS OM-D E-M5 + Panasonic LUMIX G 20mm F1.7]

foto mono
↑モノクロ別館やってます

LED化

 

f:id:kenny1991:20141204085407j:plain

 

家の照明をLED化しようと思いつつ、イニシャルコストと全体を明るくできない光の特性から躊躇していた。ここのところ、全方向タイプの明るいものが増えて、しかも価格もだいぶこなれてきたし、赤崎さん、天野さん、中村さんのノーベル賞受賞のお祝いってことで(知り合いじゃないけど)、わが家にもLEDを導入することにした。

まずは、リビング、キッチン、トイレ、洗面所に使っていた60W相当の電球型蛍光灯8個から、同じ60W相当のLED電球に交換。黄色っぽい光は好きじゃないので、やや青っぽくなる昼光色をチョイス。

 

 

結果は……とてもイイ感じ。

もともとLED電球は、真下しか明るくならない、っていうか真下だけ異様に明るくて周りは暗かったんだけど、「全方向」という通りちゃんと光が周りに広がって、蛍光灯と遜色ないというか全体に少し明るくなった気がする。

 

f:id:kenny1991:20141204085404j:plain

 

それと、蛍光灯の場合は明るくなるまでタイムラグがあったり、チラつきがあったり、ちょっと古くなるとジジジィ…と爺ぃじゃねえよって突っ込みたくなる異音がするようになったりするけど、LEDならそんなこともないからイイ。

ちなみに同じパナソニック製で比較すると。

  • 60W相当電球型蛍光灯…定格出力12W/定格寿命8,000時間
  • 60W相当全方向タイプLED昼光色…定格出力10W/定格寿命40,000時間

出力差は2Wしかないのね。8個換えて16W差…たいした省エネにならないじゃん (T_T)。

値段はアマゾン比で約3倍だけど、うたい文句通り5倍の寿命ならイイよね。換えるの意外に面倒くさいし。

 

f:id:kenny1991:20141204085406j:plain

 

あと8個残っているから、それも順次換えていこう。

明る〜いナショナル♪ ←古っ

 

OLYMPUS OM-D E-M5 + Panasonic LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6]

foto mono
↑モノクロ別館やってます

振り返らない男の振り返り2014

 

f:id:kenny1991:20140930002139j:plain

 

基本、振り返ることをしないポジティブおやじなんだけど、12月も半ばに差し掛かってきたので2014年をちょっとだけ振り返ってみようかと(早い?)。

今年は、去年モトシさんから借りてそのまま貰った状態になっているヤシカElectro兄弟の2台に加えて、バルナックライカとオリンパスOM1も手に入れ、古いフィルムカメラが一挙に4台体勢となった。月に1本くらいのペースで楽しめたらイイなぁ、と思っていたんだけど、これまでに11本、現像中が3本、カメラに残っていてもうすぐ撮り終えるのが1本。計15本だからまぁまぁかな。デジタルとはひと味違う「撮る楽しさ」「仕上がるまでのワクワク感」を再認識した1年だった。

その中で、自分で一番気に入っているのが、モノクロ別館にアップした「老人と犬」。

いつもの散歩途中の公園で、何かを物語っているよう1人と1匹の背中に目がとまり、「振り返らないで〜」と思いながら撮った1枚。

 

f:id:kenny1991:20140622203150j:plain

次点も別館のフィルム写真から。初ライカの記念すべき1ロール目、 慣れずに失敗作が多かった中でイイ雰囲気だなぁ(モデルの二人が)ということで。

 

デジタルの方は、去年からちっとも進歩していない(というかコレっていう1枚はなかった)から振り返るほどでもないんだけど、モルディブで撮った星景写真はお気に入り。ピントも露出も現像もダメダメだから、まぁ努力賞ってことで。またリベンジしよー。

 

 

 で、去年の振り返りは……

月1枚ずつのマイベストみたいに自己マン写真を恥ずかしげもなくズラズラ並べて今見ると実際恥ずかしいから、今年は上の3枚だけにして、趣向を変えて「人のフンドシ作戦」。

いつも愛読している人のフンドシもといブログの中から「今年心に残った作品」を紹介しようと。といってもたくさんありすぎるので、はてなブログで知り合ってリアルに会ったことのある写真仲間だけに絞ってみた。あ、ランキングじゃなくて順不同ね。

 

 

1枚目は名古屋のケイスケ(id:keisuke9498)さんの作品。(なんか欽ドンみたい)

石像とか廃駅とか怪しい写真も魅力たっぷりなんだけど、お子さんを撮った日常のワンシーンがとっても素敵で、心がとっても温まる。



 

次は先日長男が誕生して親バカ全開モードのモトシ(id:motosix)さん。

「my wife」シリーズが特にお気に入りで、なんていうか、11月22日に表彰したくなるような、イイ感じの夫婦像がナチュラルに写っていて、幸せな気分にしてくれる。



 

じぇみ@しんかんせん (id:gemini_goldst)くんは、ネコ写真が多いんだけど、ネコ派じゃないからこの一枚。あ、断じておばちゃん派でもないからね。変に狙っていない(本人は狙っている?)自然体の写真が多くて、この笑顔もたまんないねー。



 

続いて麻布界隈を撮り歩いているハイソなタカヒロid:takahiro91)さんのコレ。

光をセンス良くとらえたモノクロ写真はどれもカッコいいんだけど、おねーさんの白いハイヒールにやられた。フィレンツェの裏通りと言っても分から…カタカナでばれるかw



 

アキ(id:aki34r)さんは、鎌倉界隈の写真を楽しませてくれる。

材木座や由比ヶ浜は個人的に思い出がたくさんあるので(東京近郊のアラフィフ、アラフォー世代はもれなく思い出があるんじゃない?)、いつもいろんなことを思い出しながら眺めている。その境目、滑川のマジックアワーをとらえたこの1枚が特に印象的。



 

とてもお洒落な感性で、瞬間をさりげなくカッコ良くとらえるヒデ(id:hidekopon)くん。

この夕景も素晴らしかったけど、幻想的な霧の写真が個人的イチ押し。



 

オオトリは、さすらいのDJイチローid:ichiro_s)さん。

とにかくどの写真もカッコよくて、真似をしようと試みたこともしばしば(そのたびに玉砕w)。最後までマレーシアのこの1枚と迷ったけど、台湾の空港の写真を。普通の広角でも難しいと思っているのに、ウルトラワイドヘリアーっていう文字通り「超広角」で表現されたこの迫力、美しさにはもう参りました。空港設計者が泣いて喜びそうな1枚だよね。



 

こうやって見ると、デジタルとかフィルムとか、カラーとかモノクロとか関係ないね。なんかイイなぁ、と感じて心に残ったモノが自分にとっての「イイ写真」だってこと、それだけ。 

はてなで読者になっているブログや、リンクさせてもらっているブログなど、まだ実際にはお会いしたことのない方々の写真にも、たくさんの「心に残る1枚」があった。

また来年もそんな写真を楽しみにしていますので、皆さんどーぞよろしゅ〜に。

っていうか、皆さんにそう思ってもらえるように精進しますので、どーぞよろしゅ〜に。

 

えーと、たくさん褒めたので、誰かクリスマスプレゼントにコレとは言わないからコレください。

   ↓ ↓ ↓

 

foto mono
↑モノクロ別館やってます

大崎にて

 

f:id:kenny1991:20141204085405j:plain

 

散歩の途中に大崎で写真を撮っていたら、背後からいきなり話しかけられた。

「コレ イイトオモウンダケド ドーカナー」

振り向くと、背の高い年配の白人男性がリコーGRDの液晶画面を見せながら、さらに

「チョト クラインダケド ドーカナー」とニコニコ。

ってドーカナー教の教祖か?

ちゅうかそんなこと聞かれても返事に困るよねぇ。

とりあえず

「いい感じじゃないですか?」

と応えたら、それが聞こえなかったのか聞いていないのか、まったく別の話を始める。その後も話が噛み合ないので、しばらく相づちだけを打っていたら、まーよく喋ること喋ること。15分以上は喋りっぱなし。

要約すると、10年以上前から日本で写真や動画を撮りまくっていて、記録として残しているらしい。名前はLyle Saxonさん。教えてもらった「The LL-Letters」っていうホームページを後で見たら、確かに大量の写真と動画がアップされている。写真の良し悪しなんていう次元ではなく、記録・記憶という意味ですごいコレクションだなぁ、と感心した。

 

で、面白い人だったから別によかったんだけど、かれこれ30分近く話していた(っていうかほぼ一方的に聞いていた)から、寒いしそろそろ帰りたいなーってことで締めにかかった。

「7時には帰らないといけないからまたね」

「ドコニ カエル?」

「歩いて目黒まで」

「オクノビル ッテシッテル?」(また話が飛んだ…っていうか道を聞きたかっただけ?)

「いや、知らないなぁ、ゴメン」

「コレカラ イクヨ イッショニ ドーカナー」(知ってるんかい)

「この近く?」

「ギンザ」(やっぱり人の話聞いてないやん)

「あぁ、銀座の奥野ビルなら知ってるけど時間ないね」

「アソコ タノシイネ アアイウ フルイビル ドンドン ナクナル ヨクナイ…」

 

いかん締められない…また話が続いてしまった…

 

7時に帰れたかって?

 

ドーカナー。

 

COPPER 100 純銅製 ビアーマグ 12オンス 340cc S-588

COPPER 100 純銅製 ビアーマグ 12オンス 340cc S-588

 

 

OLYMPUS OM-D E-M5 + Panasonic LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6]

 

foto mono
↑モノクロ別館やってます