foto moto

something cool with my original photographs




赤いお店

f:id:kenny1991:20140917214046j:plain

 

赤といえば中華料理屋かイタリアンバイクショップ(→赤いお店 - foto moto)と相場が決まっているけど、ここは中目黒の分かりにくいところにあるRED BOOKっていうカレー屋さん。インドの本場感と日本流アレンジがいい塩梅でハイブリッドしていておすすめ。って1回しか行ったことないけど。

8月末に受けた肺ガン検診の結果が届いた。ウチがある区の健診は普通のレントゲンならタダで、3,000円出すと最新のヘリカルCTが受けられる。1日の本数と喫煙年数をかけたなんちゃら指数ってのがあって、400以上で肺ガンが発症しやすく、600以上は肺ガン高度危険値とされているんだけど、ラクに3桁のヘビースモーカーとしては一度くらいは受けておこうかなぁ、と思いきって3,000円コースにした。←思い切るほどの額かぃ

普通のCTよりも息を止める時間が短くて、胸部だけだと2往復でほんの2、3分。あっという間に検査終了。

で、なんちゃら指数3桁の人がCTを撮ると、レントゲンより細かく見えるから大抵何かが写って要精密検査になるらしいんだけど、不思議なことにキレイさっぱり異常なし。同時にやった痰の検査も異常なし。壊れてないか?

憎まれっ子世にはばかるってヤツかな。

 

OLYMPUS OM-D E-M5 + Panasonic LUMIX G 14mm F2.5]

foto mono
↑モノクロ別館やってます

ピンクな妄想

f:id:kenny1991:20140909212737j:plain

 

ピンクのカラーコーディネートが可愛らしかった母娘。きっとパパもピンクのパンツを履いて、こんなクルマ↓で迎えにくるんだろうなぁなんて妄想が……エロい妄想じゃないからね。ピンク=エロって日本だけなんだよな。おピンク映画っていうのが始まりみたいだけど。

 

f:id:kenny1991:20140909212738j:plain

 

ピンク映画といえば、ピンクのカーテンは美保純で映画化されたっけ。おばさんになってもカワイイよねぇ、彼女。ピンクレディも“お色気”を意識したネーミングだったんだよね。中学生にはけっこう刺激的だった。ピンクフロイドも聴いたのは中学時代だったけど、エロと関係ないし脈絡ないし、全然。

エロじゃないピンクの映画は……いつだったか、確かシンガポールからの帰国便の中で見たピンクパンサーがなかなか良かった。ピーター・セラーズ亡き後にスティーブ・マーティンクルーゾー警部を演じたリメイク版だったんだけど、吉本かって突っ込みたくなるベタなギャクは旧作のイメージを上手く引き継いでいて、違和感もなく素直に楽しめた。ビヨンセジャン・レノもいい味出していたよ。海外では今でもTVで流れているアニメ版も好きだったな。トムとジェリーもそうだけど、ああいうバカバカしさって今の日本にはないよね。

 

 

OLYMPUS OM-D E-M5 + Panasonic LUMIX G 14mm F2.5]

foto mono
↑モノクロ別館やってます