foto moto

take 2 steps forward to the best shot

Audi "Single Frame Grille"

f:id:kenny1991:20130813092550j:plain

なんだかつまらないふつーの顔したドイツ車。かつては箸にも棒にもかからないような印象しか持てなかった(個人的感覚ですよ)アウディが、突如として自己アピールを始めたのは三代目のA6から。バンパー下端まで大きく口を開けた「シングル・フレーム・グリル」は、今ではアウディアイデンティティとなっているだけでなく、レクサスのスピンドル・グリルやランサーEvoのジェットファイター・グリルなど各社にパクられ手本とされているほど。クラウンもそうだよね。Athleteのイナズマみたいなグリルはやり過ぎじゃね?と思うけど。

ひと目でそのクルマ、ブランドだとわかるアイデンティティを確立できなければ、ドイツのオペルスウェーデンのサーブ(昔乗ってた900は良かったのに)のように、いずれは消えていくと思っている。燃費だ安全性だと言っても、やっぱりクルマは「顔」が命だと言い切りたい。

で、アウディ・デザインのマイルストーンともいえるこの画期的なグリルを生み出したのは、和田智さんという日本人デザイナー。当時、世界中のカーデザイナーが「やられたっ!」と思ったに違いない。嬉しいじゃないの。いやぁ、あっぱれ、あっぱれ。

OLYMPUS OM-D E-M5+LEITZ ELMER 35mm F3.5]

foto mono
↑モノクロ別館やってます
広告を非表示にする